天月と水面に映る月

「法体に約しての事の戒壇」「法体に約しての義の戒壇」 法華講員と対論した経験のある顕正会員さんであれば一度は耳にしたことがある言葉でしょう。 これは日寛上人のお言葉を借りるならば、「戒壇の大御本尊様を根源」としたら「寺院や各家庭の御本尊様は枝流」にあたるということなんですね