ケンショー魔民部対策

最近日蓮正宗寺院にちょっかいを出してくる顕正会のチームがあるようです。御僧侶方が本気で相手をすれば、簡単にはじき飛ばせる程度のものなんですが、奴らは戒壇に関する過去の発言などを細かく準備してきますので、こちら側にそれ相応の事前知識や準備が無

顕正会教学部のイチャモンに一々真面目に対応していると彼らのペースに巻き込まれます。ゆえに論議の必要の無い部分は一刀両断に切ってしまうのが最善です。そのような観点からは昭和45年4月6日御虫払以前の文証を出してきての邪難は「論議の必要なし。」

顕正会教学部の目的は、「寺院訪問により、対応した御僧侶の口から御宗門の公式見解と相違する言質を取り、それを顕正会内部の会合等で発表して日蓮正宗への嫌悪感を会員に植え付ける。」ということにあります。ゆえに彼らに正法への帰依を勧める正攻法の折伏

顕正会員との対論において必ず出てくるのが「事の戒壇」「義の戒壇」の話ですね。私も日蓮正宗に入って14年間ずっとこの話ばかりしてきたので、いい加減うんざりしてきているというのが正直なところで、「え~、また話すのぉ…?」なんて最近は思わず表情に

顕正会員が法体に約しての立て分けを理解できない理由は…。習っていないからである。非常に単純な理屈なのです。それでは彼らがどのように認識しているのかを彼らの教科書ともいえる基礎教学書、折伏理論書から見ていきましょう。基礎教学書 また「戒壇に義

それでは顕正会員さんが認識している「事の戒壇」とは一体何ものなのでしょうか?これは今さら説明するまでもなく「事相に約しての事の戒壇」ということですね。ここで更に踏み込みますが、「事相に約す」とは一体全体なにを基準として「事」と「義」に分けら

何とも長ったらしい題名になってしまいましたが…、  実はこの一点が御宗門において御遺命破壊がなされたのか否かの一番客観的な判断基準になることを顕正会の皆さんはご理解されているでしょうか?   本堂とは本尊堂の意味であり、どこのお寺でも信仰の

前回に引き続き「正本堂に就き宗務御当局に糺し訴う」をアップいたします。ネット上に公開されるのは初めてだと思いますので、皆様是非ともご活用ください。なお、前回と同様に現在となっては眼を疑うような浅井さんの発言には赤字で、参考になる部分は黄色の

顕正会では事相に約しての事の戒壇を問題にしてきますが、事の戒壇を正確に理解するためには義の戒壇を理解しなければなりません。そしてこの「事」と「義」も含めた「本門の戒壇」を理解するためには、三大秘法というものをしっかりと腹の中に落とし込まなけ

本門の本尊に打ち向かい唱える題目が本門の題目であり、その場所を本門の戒壇という。三大秘法をごくごく単純に説明すると上記のようになります。実はこの公式は日蓮正宗における三大秘法の捉え方全てにおいて通じるものであり、日寛上人の御指南もその例外で

最近の現役顕正会員さんとお話ししていて強く感じるのは、「法体に約しての事・義の立て分け」を昭衞さんは知っているにも関わらず御宗門にイチャモンをつけている。という事実を御存じないということでございます。つまり、「法体に約しての事」を「事相に約

先般の総幹部会において顕正会教学部のボスが登壇したらしい…。遅ればせながら顕正新聞にて内容を確認したのだが、いやはや酷いものである…。私が心配していたのはまさにこのことだったのだ。この男が真っ先に提示した文証とは全く愚にもつかない代物である

以前も触れましたが、顕正会員さんは戒壇の事と義を論ずる場合いきなり事相に約して立て分けをしようと致します。 戒壇の大御本尊様の御在所のみを論じるのであればこれはこれで矛盾なく説明がつくわけではありますが、ここに嫡々書写の御本尊の御在所が混じってくるといきなり説明がつかなくなるわけです。