損して徳とれ

損して徳とれ

損して徳とれ…。 「得」の間違いではありません、「徳」です。 この言葉は先日発売された「虹のひとさら」というマン...

記事を読む

何のための仏法なのか…。

何のための仏法なのか…。

先日手塚治虫さんの「ブッダ」を読み返しました。 なにも「仏法とは何ぞや?」ということを学ぶためではなく、単なる娯楽としてですが...

記事を読む

さくら

さくら

私の住む地域もそろそろ桜は終わりでしょうか…。 前にも何回か書きましたが、この「さくら」という木の性格を考えると仏性と...

記事を読む

日興上人法要(興師会)

日興上人法要(興師会)

日興上人法要(興師会) 年中行事の意義は、総本山富士大石寺に伝わる深遠な仏法を正しく伝えるとともに、僧俗が親しく行事に参加すること...

記事を読む

どうして勤行するの?

どうして勤行するの?

Q どうして勤行するの? A 「勤行」とは、朝と夕に御本尊様の前でお経を読み、お題目を唱えることです。 ...

記事を読む

顕正会 浅井会長の自語相違(第一回正本堂建設委員会編)

顕正会 浅井会長の自語相違(第一回正本堂建設委員会編)

先に顕正会員さんへの質問と称して、「顕正会「試練と忍従」の歴史」と「正本堂の誑惑を破し懺悔清算を求む」との浅井さんの自語相違を指摘し...

記事を読む

メークドラマ  奇跡は起こった…。

メークドラマ  奇跡は起こった…。

平成29年も明けましたが…、 昨年は当報恩坊に於いてまさにMAKE DRAMAな一年でございました。 誓願達成率...

記事を読む

元旦勤行

元旦勤行

正月一日は、古来いろいろな行事がおこなわれ、一年中でもっとも意義の深い祝日とされてきました。 日蓮大聖...

記事を読む

昭和40年代前半の真実

昭和40年代前半の真実

それでは第1次諌暁から詳しく検証していきましょう。 広宣流布甚だ近し 昭和40年~昭和45年における宗内の状況としては、戦後の学...

記事を読む

第一次諌暁~第三次諌暁

第一次諌暁~第三次諌暁

日達上人の御本意を拝すれば、御遺命は破壊されていないという事が顕正会員の皆さんにもご理解いただけたのではないかと思います。 顕...

記事を読む

日達上人の本意

日達上人の本意

前回は少し話がずれてしまいましたが、 「正本堂は現在においては御遺命の戒壇では無いが、広宣流布後は御遺命の戒壇になる建物である...

記事を読む

御遺命は破壊されているのか?

御遺命は破壊されているのか?

先日の日記において“御宗門における御遺命破壊などという事実は最初から無かったのである!” とは書かせて頂きましたが、厳密に言えばそう...

記事を読む

顕正会の間違いの根源はここだ!

顕正会の間違いの根源はここだ!

顕正会員の一番の誤りは、御遺命破壊から全てが始まることです。 天母山戒壇説も、事の戒壇の定義も、ありとあらゆる顕正会の誹謗ネタ...

記事を読む

顕正会員のための易しいQ&A

顕正会員のための易しいQ&A

僧俗間の異体同心について書いている途中ですが…、 「あんたのブログはあまりにも複雑すぎてよく分からん…。」 との...

記事を読む

御戒壇説法

御戒壇説法

御虫払いと御大会の二大行事では、御開扉のおりに戒壇の大御本尊様の由来についての御説法が御法主上人猊下よりございます。これを御戒壇説法といいま...

記事を読む

「国立戒壇論の誤りについて」における解釈

「国立戒壇論の誤りについて」における解釈

それでは御宗門における「有徳王・覚徳比丘」の解釈をみていきたいと思いますが、その前に…、 先の記事で私が引用した「正本堂の誑惑...

記事を読む

善と悪の物差し

善と悪の物差し

昨日は今月初めに顕正会を脱会し御受戒を受けられた御婦人と御講に参加し、御開扉を受けてまいりました。 報恩坊は全国(全世界)から...

記事を読む

「有徳王・覚徳比丘」の一節は守護付嘱のことって気づいてました?

「有徳王・覚徳比丘」の一節は守護付嘱のことって気づいてました?

前回、最後に引用させていただいた「正本堂の誑惑を破し懺悔清算を求む」の浅井さんの文章の中で最近聞いた覚えのあるフレーズが入っていたのに皆さん...

記事を読む

 

 

 

私たちの「報恩坊」は、顕正会に疑問を抱き脱会された方々が、ノビノビと日蓮正宗の信心が出来るお寺を目指しております。貴方も生命力あふれる活き活きとした日常を取り戻してみませんか?

 

 

 

5月度 報恩坊行事予定

 

12日 19:00 勉強会

13日 8:30  唱題行 10:00 御講 13:30 御開扉

29日 18:30 広布推進会 (於 常来坊)       

 

上記赤字以外は信徒さん以外でも参加可能です。いちど覗いてみたいという方はご連絡ください。(連絡せずに大石寺に足を踏み入れるのは構いませんが、あちこちで声をかけられて大変に煩わしいです。事前のご連絡を強くお勧めします。)

 

 

顕正会を脱会、そのほか顕正会に関するご質問やお問い合わせはお気軽にメールにてお訊ね下さいませ。

 

5月度 御開扉日程

 

1日  3日~8日  12日~15日  20日~22日  27日~29日

 

(いずれも13:30より。登山事務所にての手続きは12:00頃までの完了が望ましい。)