「国立戒壇論の誤りについて」における解釈

「国立戒壇論の誤りについて」における解釈

それでは御宗門における「有徳王・覚徳比丘」の解釈をみていきたいと思いますが、その前に…、 先の記事で私が引用した「正本堂の誑惑...

記事を読む

善と悪の物差し

善と悪の物差し

昨日は今月初めに顕正会を脱会し御受戒を受けられた御婦人と御講に参加し、御開扉を受けてまいりました。 報恩坊は全国(全世界)から...

記事を読む

「有徳王・覚徳比丘」の一節は守護付嘱のことって気づいてました?

「有徳王・覚徳比丘」の一節は守護付嘱のことって気づいてました?

前回、最後に引用させていただいた「正本堂の誑惑を破し懺悔清算を求む」の浅井さんの文章の中で最近聞いた覚えのあるフレーズが入っていたのに皆さん...

記事を読む

顕正会における「有徳王・覚徳比丘」の解釈について

顕正会における「有徳王・覚徳比丘」の解釈について

顕正会員さんであれば誰でも暗記している三大秘法抄の戒壇の御文…。 しかしながら、この中の「有徳王・覚徳比丘の其の乃往を末法濁悪...

記事を読む

あなたの知らない異体同心の世界

あなたの知らない異体同心の世界

本当に僧俗が異体同心できたらどうなるのか…。 それはもう凄いことになるんですよ…。 神風吹きまくり…、とでも表現すれば何となくイ...

記事を読む

なぜ顕正会では「異体同心」を教えないのか

なぜ顕正会では「異体同心」を教えないのか

諸天が動くもう一つの条件、「異体同心」。 これについて考えてみたいと思います。 顕正会と日蓮正宗の温度差 「異体同...

記事を読む

そのままの君でいいんだよ…。

そのままの君でいいんだよ…。

顕正会で頑張ってきた皆さんは顕正会の誤りについて知ったとたんに表現できないほどの虚脱感にとらわれるようです…。 「今までの私の...

記事を読む

その時、諸天が動いた…。

その時、諸天が動いた…。

顕正会の方も良くご存じだと思いますが、大聖人様が竜の口の法難にあわれた際の光り物はまさに諸天が法華経の行者を守護せんとした不可思議な現証でし...

記事を読む

御遺命の戒壇建立の意義

御遺命の戒壇建立の意義

顕正会破折の論法として、大聖人様の御遺命は広宣流布なのであって戒壇の建立では無いと主張される方もいます。 確かに一天四海本因妙...

記事を読む

噛み砕きすぎて別物になってはいけない。

噛み砕きすぎて別物になってはいけない。

日蓮正宗の御僧侶方の法話には一つの共通点があります。 それは、 「分かりやすく噛み砕いても、噛み砕きすぎ...

記事を読む

論文とエッセイ

論文とエッセイ

顕正会批判のサイトは色々あるのですが大きく分けると「論文形式のサイト」と「エッセイ風のサイト」に分類できるかと思います。 「論...

記事を読む

顕正会自宅拠点だった方の手記

顕正会自宅拠点だった方の手記

これは私が大石寺に収めた顕正会版日寛上人本尊の所有者であった方の手記である。 既に法華講員となった方に於いては多々同感するとこ...

記事を読む

お会式

お会式

本日は10月13日ですね。大聖人様の御入滅された日です。 というわけで本日は日蓮正宗のお会式についてご紹介いたします。   ...

記事を読む

顕正会々長 浅井昭衛 「お前はバカだのぉ~~~~~」

顕正会々長 浅井昭衛 「お前はバカだのぉ~~~~~」

元顕正会女子部さんのコメントを受けて久々にあの有名な動画を視聴いたしました…。 お前はバカだのぉ~ まずは動画をみて下さ...

記事を読む

4 「本門戒壇の大御本尊」とはどういうことですか。

4 「本門戒壇の大御本尊」とはどういうことですか。

 「本門戒壇の大御本尊」とはどういうことですか。 〝本門事の戒壇に御安置すべき究竟の御本尊〟という意味です。 宗祖日...

記事を読む

大石寺を詐称する 顕正会からの脱出④

大石寺を詐称する 顕正会からの脱出④

浅井昭衛 顕正会・会長 の品性下劣な正体 この目で見た、表と裏のギャップ 塔中・百貫坊法華講 元・顕正会本部壮年部長  ...

記事を読む

3 「人法一箇」とはどういうことですか。

3 「人法一箇」とはどういうことですか。

「人法一箇」とはどういうことですか。 「人法一箇」とは、日蓮大聖人の顕された大御本尊は、人・法の名称は異っても、その体は同じで...

記事を読む

2 日蓮大聖人はなぜ御本尊を顕わされたのですか。

2 日蓮大聖人はなぜ御本尊を顕わされたのですか。

日蓮大聖人はなぜ御本尊を顕わされたのですか。 日蓮大聖人は、末法のすべての民衆を救済するために御本尊を顕わされ...

記事を読む

顕正会版日寛上人本尊は本物とは紙質が相違します。

顕正会版は現代の製法で作成される紙を使用しています。

昭和30年代当時の紙を再現するところまでは、さすがの浅井さんでも不可能だったのです。

ニセ本尊に関するご相談はこちらまで

私たちの「報恩坊」は、顕正会に疑問を抱き脱会された方々が、安心してノビノビと日蓮正宗の信心が出来るお寺を目指しております。

どんな些細なことでも構いません。ご質問お問い合わせがありましたら、お気軽にご連絡下さい。

なお、このサイトは顕正会(冨士大石寺顕正会)の間違いを指摘し、大石寺に伝わる本当の大聖人様の仏法をご紹介するものです。

全体像をご覧になりたい方は、サイトマップへどうぞ。

顕正会を脱会、そのほか顕正会に関するご質問やお問い合わせはお気軽にメールフォームにてお訊ね下さいませ。