• このエントリーをはてなブックマークに追加

寺院の外護

六、寺院の外護

寺院は私達にとって大切な信心の依り処であり、修行の場です。

ただ「行けばよい」というだけではなく、寺院の興隆・発展を願ってお護りしていくこと(外護)が大切です。

それが、仏法を護ることになり、自らの功徳になるからです。

なお、御住職は寺院の内にあって、御本尊様に仕え、正法を正しく人々に伝えています。

これを内護といいます。

寺院のお掃除、庭の手入れ、これら外護に進んで参加しましょう。これらは御本尊様に感謝申し上げる御供養の一つなのです。

(絵で見る 日蓮正宗の信仰 15ページ)

ご購入は大日蓮出版まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。