幸せになるために

四、幸せになるために

まず、朝晩の勤行・唱題は欠かさないことです。

入信されたばかりの人は、なかなか大変だと思うかもしれません。

これは幸せになるための、あなた自身との戦いでもあるのです。

勤行・唱題によって、御本尊様の仏の声明をいただくことができ、そこから功徳がコンコンと湧き出してくるのです。

勤行・唱題をしないで「功徳だけください」といっても、それはかないません。

また、我が家に御本尊様を御安置し、その御本尊様さえ拝んでいればよい、という信心では、功徳は少ないのです。総本山や正宗寺院へ参詣しなくてはならないのです。それは何故かというと…

(次項へとつづく)

(絵で見る 日蓮正宗の信仰 11ページ)

ご購入は大日蓮出版まで

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。