• このエントリーをはてなブックマークに追加

元旦勤行

正月一日は、古来いろいろな行事がおこなわれ、一年中でもっとも意義の深い祝日とされてきました。

日蓮大聖人が「五節供の次第を案ずるに、妙法蓮華経の五字の次第の祭なり。正月は妙の一字のまつり」(新編三三四㌻)と仰せられているように、本宗でおこなわれる元旦勤行は一層意義深く、めでたい行事の一つです。

法華経の開経である無量義経には「無量義とは一法より生ず」と説かれていますが、この一法とは妙法蓮華経であり、宇宙の森羅万象は、この妙法の真理より開き出されるのですから、私達の人生もまた知ると知らざるとにかかわらず、この根源の大真理によって存在せしめられているのです。したがってこの妙法は本源的な大生命の力それ自体であり、これを正しく受けきって行くものは、直ちに限りない幸福の源が確立されてゆくのです。この一法こそ、末法流布の大白法である法華経寿量品文底の妙法蓮華経です。久遠元初の御本仏の再誕宗祖大聖人こそこの妙法を所持なされるお方であり、命をかけて、この妙法を弘められました。

それゆえに末法五濁悪世の民衆は、この仏様に結縁してのみ即身成仏という永遠不壊の幸福をつかむことができるのです。

 大聖人は、十字御書に「正月の一日は日のはじめ、月の始め、としのはじめ、春の始め。此れをもてなす人は月の西より東をさしてみつがごとく、日の東より西へわたりてあきらかなるごとく、とくもまさり人にもあいせられ候なり」(新編一五五一㌻)とおおせられて、年の始めを大切にする功徳を説かれています。

世間にも、一年の計は元旦にありと申して、ものごとの始めを大切にしますが、仏法においても、仏道修行の第一を〈発願〉といって願を発すことを最初にいたします。もし、この発願の心を起こしたならば、その人の仏道修行は、すでに半ばにも達したといわれるほど、この始めということを大切にするのです。また、「初心忘るべからず」の言葉のごとく、初心を貫くことは、なかなか容易なことではなく、それだけに世間でも初心貫徹の人々はいずれも、それなりの功を成就していることが知られます。いわんや、生死の一大事を決定する仏道修行においては、初心の貫徹の如何が、成仏得脱の一大要件として示されるのです。大聖人はこの事を「受くるはやすく、持つはかたし。さる間成仏は持つにあり」(新編七七五㌻)と、お示し下さっています。私達は、正月の一日を素直に愛で讃えるこの初心を常に大切に持ち続けながら、尊い仏道修行の大善根を怠りなく積みゆくことに精進いたさねばなりません。

法華題目抄に「妙とは蘇生の義なり。蘇生と申すはよみがへる義なり」(新編三六〇㌻)と仰せられ、末法の今日においては、まったく無益な爾前権経の死の法門も、末法の大白法である妙法に照され会入された上から見ますと、活の法門としてよみがえるといわれます。

毒気が深く入って本心を失い、ながい過去の世から邪宗邪義にまどわされてきた末法の衆生も、また、どんな極悪人でも、ひとたびこの妙法を信じて受持する者は、いかなる罪障も朝露のようにたちまち消滅して、尊極無上の仏果をうることができるのです。悪が善に、凡夫が仏に成ることを蘇生と云い、その道はただ一つ、妙法受持の外にはありません。これと反対に、妙法を信じない人々は、どれほどきれいな衣装で身を着飾って新年を迎え、心を新たにしたと思ったところで、所詮独りよがりで真の蘇生はありません。結局もとの六道論廻の迷いの世界で悩み苦しまねばならないのです。

このような意義から、真実の新年のお祝は、仏法の根幹である三大秘法稔在の御本尊を信受する日蓮正宗の僧俗のみにあることを知らなくてはなりません。それだけに、御本仏の常に変わらぬ大慈大悲の福聚海に浴することのできる私達は、元旦を久遠元初の深意にも通ずるこの上もなくめでたい妙法の祭りと領解すべきです。一切の世事に先駆けて、まず御本尊を礼拝供養し、新年最初の元旦勤行を心の底からしっかり勤めましょう。そしてこれからの一年を、水の流れるような、弛まぬ清い信心で貫き通し、自行も化他も、地涌の菩薩の眷属の名に恥じない、確信にみちた修行に邁進できるよう、心新たに誓願申し上げることがもっとも肝要です。

 総本山大石寺においては、法主上人大導師のもとに、全山の僧侶が出仕し、近在の檀信徒も多数参詣して厳粛且つ荘厳に奉修され、下種三宝へのご報恩と広宣流布大願成就を祈念し、それによって確立される世界平和と、人類の幸福を願うとともに、正法信徒の今年の無事息災を念じられるのです。その後、法主上人から親しく新年のお言葉を賜わり、さらにご宝前にお供えされたお造酒を頂戴して、新年をお祝いいたします。また、全国の各末寺寺院においても、これにならって、もよりの信徒が多数参詣し元旦勤行を行う例となっています。

(日蓮正宗の行事 1~6ページ)

****************************

顕正会の皆様、悪いと分かりながら何故に未だ顕正会に籍を置くのでしょうか?

そのままでは貴方は地獄に落ちます。

世間でも初めが肝心と申します。来年、平成29年という一年を素晴らしい一年にするのか、それともグダグダと今までと変わらぬ一年にしてしまうのか…。

それは貴方の気持ち一つです。

報恩坊は暦の変わる一瞬までそんな貴方を救うために臨戦態勢でおります。

「人生を変えたい。」

「来年こそは本物の仏法で救われたい。」

そんな気持ちをお持ちの方はすぐに以下のメールフォームでご連絡下さい。

紅白歌合戦が終わるまでに御受戒を受ければ、ギリギリでこの元旦勤行に間に合います!

本物の大聖人様の仏法をたもち、本物の諸天の守護、正真正銘の御本尊様の御加護を給わって来年こそバラ色の人生のスタートをきりましょう!!!!!!

いつやるか?

今しかないでしょ!

管理人へのメールはこちらまで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。