日興上人法要(興師会)

日興上人法要(興師会)


年中行事の意義は、総本山富士大石寺に伝わる深遠な仏法を正しく伝えるとともに、僧俗が親しく行事に参加することによって、仏縁を深め、もって広宣流布への前進を期するところにあります。この興師会は日興上人のご命日の二月七日に総本山はもちろん、末寺においても執り行われます。これは日蓮大聖人から仏法の正義を受け継がれ、後世にまで正しく法灯を伝えて下さった日興上人に対し奉り、僧俗一同心からご報恩申し上げるために厳修する法要です。


私達がいま宿縁深厚にして大聖人の仏法にあい、人生最大の目的である成仏の境界を得ることができるのは、ひとえに正法正義を堅く守り抜かれた日興上人がおわしましたからであり、それゆえに本宗では僧宝の随一として崇めています。いまその末弟に連なる者が深い感謝の念をもって、ご報恩のため、日興上人ご入滅の二月七日に法要をいとなむのは当然といえましょう。


総本山では二月七日はもちろんのこと、毎月七日にも〈お講日〉といって御影堂において法主上人ご出仕のもと、日興上人ご報恩の法要がおこなわれています。いま明治年間に記された年中行事の中から、興師会のところを見ると、

六日、早朝雲板にて満山大坊に集まり、メンドリ窪へ下男一人召し連れ出張、助番の当番は地主へ立ち寄り御開山会の芹を摘みに来たる由を申し入れるなり、メンドリ窪にて、カンゾ、桑枝二本、ススキ二本取り来るなり(中略)芹は七日朝重箱に入れ進物台にのせて上るなり料理出来次第客殿へ御膳上る、雲板にて御本番来り共に御膳こしらえ上げ次第半鐘太鼓にて御前御出仕、御経世雄偈寿量品引題目、終って満山へ御膳を出す

御流れ頂戴の事

七日、衆会例の如し、早朝大梵鐘をつくべし料理は前日の如し、いり豆に桑の箸を付け、芹の重箱にススキの箸を付けて備うべし、仕度出来次第雲板にて客殿に来集、御膳上り次第半鐘太鼓にて御前出仕、御経世雄偈寿量品引題目、終って一同へ御膳出す、万事六日の通り御流れにて豆、芹は取り廻しの事


とあります。もちろん年中行事は化導の儀式なので時代によって多少の変化はありますが、現在でもほとんど昔のとおりおこなわれています。右の中に芹摘みのことが出ていますが昔から興師会には芹をお供えするならわしになっています。伝えによると日興上人は粗衣粗食であらせられ、八十八才のご老に至るまでお弟子が摘まれた若芹を常に愛好されたということです。それで現在でも興師会の前日、総本山では寒風が肌を刺す中を助番僧や大坊在勤の所化が日興上人のご威徳を偲びつつ青々とした若芹を摘みご宝前にお供えしています。またこれにはお初物を差し上げる意味も含まれていると思われます。日興上人のお手紙にも「せり(芹)御す(洒)の御はつを(初穂)仏にまいらせて候、いまだいづち(何地)よりもたび候はず」の文が拝され、芹つみの行事は六百数十年前の二祖日興上人にたいするお弟子方の給仕の面影を、ほうふつとさせるものがあるといえます。

ここで日興上人について少し述べてみましょう。


日興上人は後深草天皇の寛元四年(一二四六年)三月八日、甲斐国(山梨県)巨摩郡大井荘鰍沢にお生れになりました。「師生まれながらにして奇相あり特に才智凡ならず」と日霑上人の興師略伝にもありますが、幼少の頃からすでにその非凡であられたことが想像されます。幼くして父を失ったため、駿河国(静岡県)富士河合の外祖父由比入道に養なわれ、附近の蒲原荘の四十九院に上って仏法を学び、兼ねて良覚美作阿闍梨から漢学を、冷泉中将隆茂について歌道・書道を究められました。特に能筆の才腕は素晴らしく、後年日蓮大聖人のお手紙を代筆されたり、あるいは重要な御書を写し取って後世に残されるなど、今日もその見事な数多い筆跡を拝することができます。


正嘉二年、日蓮大聖人が立正安国論執筆に当り駿河加島荘岩本の実相寺において一切経を閲覧された時、久遠の師資ここに相い会し、大聖人の弟子となられました。それ以後は、内にあっては影の形に随うが如く常に大聖人のおそばを離れずお給仕申し上げて弟子の道を尽くし、外にあっては、甲斐・駿河・伊豆・遠江の各地において折伏弘教の大法将として活躍されました。とくに弘長元年の伊豆ご流罪、文永八年の佐渡ご流罪には大聖人と艱苦を共にされました。このように師に対する不断の奉仕と熱烈な信仰により、師弟相対の上からおのずと大聖人の真の教えを会得されたのです。


先にも述べたとおり日興上人の折伏はすさまじいものがあり、あの壮烈を極めた熱原の法難も、その大折伏に対してひき起されたものでした。しかし大聖人の指導と日興上人の指揮によって信徒は一致団結して退転することなく、死地にあっても従容泰然として声高らかに妙法を唱えたのです。弘安五年九月に大聖人から一切の仏法を付属され、十月十三日には身延山の貫主としての付属も受けられました。


大聖人滅後、関東方面の五老僧達は権勢を恐れて軟化し、もろもろの師敵対謗法をおかし、次第に大聖人の正義を失いましたが、日興上人はいささかも教義を曲げることなく、正義を守り抜かれました。身延に在ること七年、地頭の四箇の謗法により身延の山もついに魔の栖と化してしまい、断陽の思いで去ることを決意されました。これも偏に〝日興一人本師の正義を存して本懐をとげ奉るべき者〟との信念によるものと拝されます。

そして戒壇の大御本尊をはじめとしてすべてのご霊宝を富士へお移しし、大聖人のご遺命によって広布の基盤をこの地に奠められました。富士山に本門戒壇を建立するということは深いご仏意によることであり、日興上人によってその第一歩が印されたのです。


後年五老僧中の日朗師は日興上人のもとに来て前非を悔い、また日頂師も富士に帰伏しています。これらの史実は〝大聖人の仏法、富士に在り〟という明らかな証拠といえましょう。富士へ移った日興上人は南条時光殿の寄進により大石寺を創立して戒壇建立の基礎を築き、門下の養成、御書の結集、全国的な折伏弘教、あるいは国家諫暁と、広宣流布への指揮をとられました。


このころ弟子の日尊師があることから破門された時、発奮して三十六ヶ寺を建立し許されたといわれています。日興上人門下の清純な信心と盛んな折伏精神をよく物語るものといえましょう。

かくて本門弘通の大導師・白蓮阿闍梨日興上人は、八十八歳の長寿をまっとうされ、元弘三年(=正慶二年、一三三三年)二月七日薪尽きて火の滅するが如く安祥として富士重須の寺(現在の北山本門寺)でご入滅されました。

大聖人滅後七百年、室町・戦国時代の動乱の中、また布教活動弾圧の江戸時代を経て、連綿として法灯が厳護されてきた根元は、この日興上人の死身弘法、令法久住のお働きがあったからこそといえます。

この日興上人の御精神を精神として、広宣流布を目指し僧俗一致して前進することが、ご鴻恩に報い奉る唯一の道であり、興師会を奉修する精神なのです。

(日蓮正宗の行事7~15ページ)

コメント

  1. 雲羽百三 より:

     こんばんは。

     更新が1ヶ月ほど途絶えてらっしゃいますね。
     年度末ゆえの多忙によるものでしょうか?
     それとも、またもや自己愛者の魔の手によるものでしょうか?
     非礼千万を承知で、単なるネタ切れですか?

     Y田さんからは元気にやっていらっしゃるとのことですが、ブログの更新が途絶えてしまうと心配なものです。

  2. 桜梅桃李 より:

    コメント有り難うございます。

    年度末で仕事柄忙しいというのもあるのですが、何だか疲れてしまって…。

    少ししたら、またノンビリと再開しますね。

    顕正会が云々とか、学会が云々とかは私はもうどうでも良い境地です。

    間違いは間違いですし、それを教えてあげなければ無慈悲になりますから、その程度はやりますが、それ以上はもうお腹いっぱいですね。

  3. 雲羽百三 より:

     こんばんは。返信ありがとうございます。

    >顕正会が云々とか、学会が云々とかは私はもうどうでも良い境地です。

     一部の武闘派が陥った境地ですね。
     宿坊の掲示板やアメブロなどで大騒ぎしている武闘派達も、いずれはこの境地に陥るのだろうと思うと、あの騒ぎに失笑を禁じ得ません。
     桜梅桃李さんはそれでも分かっていらっしゃるでしょうからいいのですが、問題は今大騒ぎしている他の武闘派達が入信させた新人の育成がちゃんとされているのか心配なのに、件の境地に陥った場合、共倒れする恐れがあるということです。
     宿坊の方はどうだか分かりませんが、末寺系は私の経験則から言うと、誰も助けてくれませんよ。
     お坊さんが助けてくれるからと信じているようですが、そのお坊さんも特に大規模支部の場合、ごく一部の信徒が共倒れしたところで気づかないことが多いので。
     気づいた時には既に手遅れで、「あの人は今?」というパターンを何度も見て来ました。

    >顕正会が云々とか、学会が云々とかは私はもうどうでも良い境地です。

     もう1度コピペしましたが、実は新人の育成においてはこの言葉の内容は「非常にどうでも良い」ものだと思います。
     桜梅桃李さんは新人を育成する立場にございますから、お気づきになられたのですね。
     でも、多くの武闘派達は気づかない。
     気づかないフリをしているのか知りませんが、とにかく目を向けない。

     失笑が止まりません。

  4. いおなずん より:

    おはようございます。
    先日の御講の際はお世話になりました。

    仕事が忙しいことお察しいたします。
    あの時塔婆供養を申し出て正解でした。
    春季彼岸会の昨日は見事に休日出勤となり、参加できませんでした。

    折伏育成ですか・・・
    私も他人事ではないですね。

    そういえば、休日出勤の日は当然私が職場の責任者になるのですが、私の指示通りに動いてくれる人たちを見ていて、改めて”信頼されることの大事”をつかめた気がします。

    顕正会時代は、信頼されることを嫌っていて、自ら一人の道を選んでいたような気がしますが、今は違います。

    これも、正法に縁出来たからでしょうか。

    信仰の喜びを語ることのできる人との出会いも確実に増えてきています。

    ま、今日はこんなところで。

  5. 桜梅桃李 より:

    いおなずんさんへ

    「信頼」されるためには「信用」してあげるのが絶対必要条件なんですね。

    これはどんな組織の上下関係にも当てはまると思います。

    逆もしかなりで、「信用」してもらいたければ「信頼」することが必要です。

    このお互いに「信頼」と「信用」で結びついた関係が出来上がれば組織としては強力な力を発揮します。

    本日は御虫払いですね。良い席で拝見できると良いですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。