「 旧ブログ記事 」一覧

日興遺誡置文

日興遺誡置文

私が顕正会員だったころは、「顕正会は大聖人様の御遺命を護り奉った唯一の正しい団体である。」というようなセリフで折伏しておりました。 ...

記事を読む

世界宗教だから国立戒壇はない

世界宗教だから国立戒壇はない

「国教では無いから国立戒壇は無い」に触れましたので、ついでに「世界宗教だから国立戒壇はない」に関して述べてみましょう。 これも...

記事を読む

国教では無いから国立戒壇はない

国教では無いから国立戒壇はない

よく顕正会の試験に出てくる問題、 「国教でないから国立戒壇はない」のたぱかりを破折せよ。 に関して書かせ...

記事を読む

顕正会版日寛上人本尊は本物とは紙質が相違します。

顕正会版は現代の製法で作成される紙を使用しています。

昭和30年代当時の紙を再現するところまでは、さすがの浅井さんでも不可能だったのです。

ニセ本尊に関するご相談はこちらまで

私たちの「報恩坊」は、顕正会に疑問を抱き脱会された方々が、安心してノビノビと日蓮正宗の信心が出来るお寺を目指しております。

どんな些細なことでも構いません。ご質問お問い合わせがありましたら、お気軽にご連絡下さい。

なお、このサイトは顕正会(冨士大石寺顕正会)の間違いを指摘し、大石寺に伝わる本当の大聖人様の仏法をご紹介するものです。

全体像をご覧になりたい方は、サイトマップへどうぞ。

顕正会を脱会、そのほか顕正会に関するご質問やお問い合わせはお気軽にメールフォームにてお訊ね下さいませ。