「 顕正会(妙信講)破門後の正本堂の意義づけ 」一覧

御遺命の破壊はあったのか?

御遺命の破壊はあったのか?

さて時代を遡ってみてきたわけですが、確かに昭和40年~昭和45年は広宣流布甚だ近しという雰囲気が宗内にはあり、正本堂が御遺命の戒壇に...

記事を読む

昭和40年~昭和45年

昭和40年~昭和45年

さて最後に昭和40年から昭和45年についてです。 この時期は確かに正本堂が御遺命の戒壇と認識される危険性の一番あった時...

記事を読む

昭和45年~昭和47年

昭和45年~昭和47年

昭和45年4月6日御虫払いの御説法において日達上人は、 「『三大秘法抄』の戒壇は御本仏のお言葉であるから、私は...

記事を読む

昭和47年~破門(昭和49年)

昭和47年~破門(昭和49年)

昭和47年4月28日に有名な訓諭が出されました。 訓諭 さきに法華講総講頭池田大...

記事を読む

破門~平成3年

破門~平成3年

今まで確認してきた時代は比較的単純なのですが、ここからは少し複雑になってまいります。 平成3年からはハッキリと「正本堂は御遺命...

記事を読む

平成3年の御指南

平成3年の御指南

前回は現時点での御宗門における正本堂に対する認識を確認いたしました。 しかしながら、この平成16年の御講義はその直前に発刊配布...

記事を読む

正本堂=御遺命の戒壇 の完全否定

正本堂=御遺命の戒壇 の完全否定

顕正会(妙信講)が破門された理由が単なる破和合僧であり、御遺命を護ったがゆえでないことは今まで見てきました。 しかしながら、そ...

記事を読む

 

顕正会版日寛上人本尊は本物とは紙質が相違します。

顕正会版は現代の製法で作成される紙を使用しています。

昭和30年代当時の紙を再現するところまでは、さすがの浅井さんでも不可能だったのです。

 

ニセ本尊に関するご相談はこちらまで

 

 私たちの「報恩坊」は、顕正会に疑問を抱き脱会された方々が、安心してノビノビと日蓮正宗の信心が出来るお寺を目指しております。

 

どんな些細なことでも構いません。ご質問お問い合わせがありましたら、お気軽にご連絡下さい。

 

なお、このサイトは顕正会(冨士大石寺顕正会)の間違いを指摘し、大石寺に伝わる本当の大聖人様の仏法をご紹介するものです。

 

全体像をご覧になりたい方は、サイトマップへどうぞ。

 

顕正会を脱会、そのほか顕正会に関するご質問やお問い合わせはお気軽にメールフォームにてお訊ね下さいませ。