「 日蓮正宗の行事 」一覧

日興上人法要(興師会)

日興上人法要(興師会)

日興上人法要(興師会) 年中行事の意義は、総本山富士大石寺に伝わる深遠な仏法を正しく伝えるとともに、僧俗が親しく行事に参加すること...

記事を読む

元旦勤行

元旦勤行

正月一日は、古来いろいろな行事がおこなわれ、一年中でもっとも意義の深い祝日とされてきました。 日蓮大聖...

記事を読む

お会式

お会式

本日は10月13日ですね。大聖人様の御入滅された日です。 というわけで本日は日蓮正宗のお会式についてご紹介いたします。   ...

記事を読む

お彼岸

お彼岸

明後日は秋のお彼岸ですね。 顕正会でも秋季彼岸会を行いますが、その由来などを知っている会員さんはほとんどいらっしゃらないのではないでし...

記事を読む

寛師会ってな~に?

寛師会ってな~に?

明後日、明々後日は寛師会ですね。 顕正会でも日寛上人のことを御観念文でも読み上げるほどの特別扱いしておりますが…、 日寛上人の御...

記事を読む

大聖人ご難法要(御難会)

大聖人ご難法要(御難会)

明日は9月12日ですね。大聖人様が竜ノ口の御法難にあわれた日です。 顕正会でも「竜の口法難御報恩勤行会」なるものを行いますが、本家本元...

記事を読む

塔婆供養

塔婆供養

日頃、私達はお彼岸・お盆・あるいは故人の命日などにお寺へ参詣し、塔婆を建てて追善供養を行っていますが、もし、なぜ塔婆を建てて供養をするのか、...

記事を読む

お盆

お盆

毎年七月十五日―地方によっては八月十五日に、先祖の供養を行う仏教行事を〈お盆〉、詳しくは〈盂蘭盆〉といいます。 盂蘭とは梵語で...

記事を読む

 

顕正会版日寛上人本尊は本物とは紙質が相違します。

顕正会版は現代の製法で作成される紙を使用しています。

昭和30年代当時の紙を再現するところまでは、さすがの浅井さんでも不可能だったのです。

 

ニセ本尊に関するご相談はこちらまで

 

 私たちの「報恩坊」は、顕正会に疑問を抱き脱会された方々が、安心してノビノビと日蓮正宗の信心が出来るお寺を目指しております。

 

どんな些細なことでも構いません。ご質問お問い合わせがありましたら、お気軽にご連絡下さい。

 

なお、このサイトは顕正会(冨士大石寺顕正会)の間違いを指摘し、大石寺に伝わる本当の大聖人様の仏法をご紹介するものです。

 

全体像をご覧になりたい方は、サイトマップへどうぞ。

 

顕正会を脱会、そのほか顕正会に関するご質問やお問い合わせはお気軽にメールフォームにてお訊ね下さいませ。