「 エッセイ 」一覧

飼い猫の臨終

飼い猫の臨終

2週間前のことになりますが…、 4年前から一緒に生活していた猫の小梅ちゃんが亡くなりました…。 ...

記事を読む

ブログのご紹介

ブログのご紹介

現在は非常に多くの「元顕正会員」のブログが存在しております。 それぞれの執筆者の感性に基づいてある意味自由気ままに綴られていま...

記事を読む

逃げまどう顕正会員

逃げまどう顕正会員

「広告文と遥拝勤行で広宣流布はできる。」 この合言葉で全国一斉に駅前での新聞配布を行っているようですが…、 こち...

記事を読む

顕正会員の心には仏様は宿らない…。

顕正会員の心には仏様は宿らない…。

「広告文と遥拝勤行で広宣流布できる」というのが最近の顕正会でのスローガンのようですが、そもそも遥拝勤行であろうとなかろうと顕正会員さんの心に...

記事を読む

SAKURA Ver.2018

SAKURA Ver.2018

今年も桜が満開になりましたね。 この季節になると私はいつも仏界が開く様子を桜の花に重ね合わせてみてしまいます。 ...

記事を読む

心を持たない非情にも十界はある…

心を持たない非情にも十界はある…

前回はバイオリンを例にとって「触れる縁によって引き出される結果は天地ほどにも違ってくる。」ということをお話しいたしました。 そ...

記事を読む

楽器

楽器

前回は渋柿のたとえで煩悩と仏性の関係を考えてみました。 今回はそこから一歩進めて、我々の心の中にはあらゆる可能性が眠っているこ...

記事を読む

渋柿

渋柿

前回は苦しみの根本原因は煩悩にあるということをお話しいたしました。 ただ、煩悩と一口に言ってもその煩悩の性格を正確に(すみませ...

記事を読む

苦しみの原因

苦しみの原因

お嬢さん方は今までの人生で辛かったこととか、苦しかったこととかってありますか? 人間だれしもそういったことは大なり小なり経験し...

記事を読む

茶筒と影絵

茶筒と影絵

以前、顕正会から来た女子大生の女の子たちにお話ししたところ、 「分かった♪」 と大変に喜んでくださったお話をして...

記事を読む

顕正会女子部の女の子たちに伝えたいこと

顕正会女子部の女の子たちに伝えたいこと

一昨日の顕正会女子部の子たちとのお話は本当に感慨深いものがありました。 自分の娘みたいな世代の子たちと真剣勝負で仏法の話を出来...

記事を読む

あっぱれ!顕正会女子部

あっぱれ!顕正会女子部

本日顕正会女子部の子たちとお話しする機会がありました。 年齢は私の息子と同い年だとのこと…。 私には娘もおります...

記事を読む

孝養

孝養

窪尼御前御返事 から国にせいしと申せし女人は、わかなを山につみて、をひたるはわをやしなひき。天あはれみて、越王と申す大...

記事を読む

お知らせ

お知らせ

四恩に関する投稿の途中ですが、 今年の夏は暑いらしい…。 浅井さんも相当なお年ですから…、 ...

記事を読む

衆生と国主の恩

衆生と国主の恩

先日の記事に頂いた雲羽百三さんのコメントで以下の記事が紹介されていました。 素晴らしいラーメン屋のおやじさんですよね…...

記事を読む

見返りを求めない…

見返りを求めない…

「見返りを求めない善行」を人々に施すことが出来るかどうか…。 これって人生を実りあるものに出来るか否かの一つのポイントでもある...

記事を読む

損して徳とれ

損して徳とれ

損して徳とれ…。 「得」の間違いではありません、「徳」です。 この言葉は先日発売された「虹のひとさら」というマン...

記事を読む

何のための仏法なのか…。

何のための仏法なのか…。

先日手塚治虫さんの「ブッダ」を読み返しました。 なにも「仏法とは何ぞや?」ということを学ぶためではなく、単なる娯楽としてですが...

記事を読む

 

 

 

私たちの「報恩坊」は、顕正会に疑問を抱き脱会された方々が、ノビノビと日蓮正宗の信心が出来るお寺を目指しております。貴方も生命力あふれる活き活きとした日常を取り戻してみませんか?

 

 

 

7月度 報恩坊行事予定

 

7日 19:00 勉強会

8日 10:00 御講 13:30 御開扉

24日 18:30 広布推進会 (於 常来坊)       

 

上記赤字以外は信徒さん以外でも参加可能です。いちど覗いてみたいという方はご連絡ください。(連絡せずに大石寺に足を踏み入れるのは構いませんが、あちこちで声をかけられて大変に煩わしいです。事前のご連絡を強くお勧めします。)

 

 

顕正会を脱会、そのほか顕正会に関するご質問やお問い合わせはお気軽にメールにてお訊ね下さいませ。