「 トチロ~ 」一覧

「正本堂」に就き池田会長に糺し訴う

「正本堂」に就き池田会長に糺し訴う

最近の現役顕正会員さんとお話ししていて強く感じるのは、「法体に約しての事・義の立て分け」を昭衞さんは知っているにも関わらず御宗門にイチャモン...

記事を読む

事相に約しての義理とは…?

事相に約しての義理とは…?

それでは顕正会員さんが認識している「事の戒壇」とは一体何ものなのでしょうか? これは今さら説明するまでもなく「事相に約しての事...

記事を読む

なぜ顕正会員は「法体に約しての立て分け」が理解できないのか?

なぜ顕正会員は「法体に約しての立て分け」が理解できないのか?

顕正会員が法体に約しての立て分けを理解できない理由は…。 習っていないからである。 非常に単純な理屈なのです。そ...

記事を読む

戒壇 事と義の立て分け

戒壇 事と義の立て分け

顕正会員との対論において必ず出てくるのが「事の戒壇」「義の戒壇」の話ですね。 私も日蓮正宗に入って14年間ずっとこの話ばかりし...

記事を読む

本門事の戒壇の本義

本門事の戒壇の本義

本門事の戒壇の本義 緒 言 日蓮正宗の宗旨の三秘は本門事の戒壇の御本尊の一大秘法に納まるのである。 ...

記事を読む

論点の相違

論点の相違

ケンショー魔民部の目的は、 「寺院訪問により、対応した御僧侶の口から御宗門の公式見解と相違する言質を取り、それを顕正会内部の会...

記事を読む

昭和45年4月6日以前の文証に対して

昭和45年4月6日以前の文証に対して

ケンショー魔民部のイチャモンに一々真面目に対応していると彼らのペースに巻き込まれます。 ゆえに論議の必要の無い部分は一刀両断に...

記事を読む

ケンショー魔民部に関して

ケンショー魔民部に関して

最近日蓮正宗寺院にちょっかいを出してくる顕正会のチームがあるようです。 正式名称があるのか無いのか分からんので、とりあえず ...

記事を読む

顕正会脱会相談窓口

顕正会脱会相談窓口

昨日は一気にプレビュー数が跳ね上がった…。 たぶん顕正会女子部幹事さんが脱会された情報が顕正会内部にも流れたのでしょう…。 ...

記事を読む

本門心底抄(巖虎独白より)

本門心底抄(巖虎独白より)

巖虎さんのブログの本日の記事に以下のような記述があった。 沖浦氏の斬り返しはなかなか鋭いものがあって、不勉強の人には対応困...

記事を読む

YELL

YELL

本日は寛師会のことなどをまったりと書こうかと思ってましたが、現役の区長さんが本日脱会、即除名になったとのことで、それに関して少し書いてみたい...

記事を読む

本尊所住の処、義の戒壇

本尊所住の処、義の戒壇

ご存知の方はいらっしゃるかもしれませんが、元顕正会員さんのあるブログにて少しばかり対論をしています。 以下がそのブログ記事です...

記事を読む

大聖人様がお迎えに来た…。

大聖人様がお迎えに来た…。

飼い猫のウメちゃんが亡くなったことは先日書かせて頂きました。 実はその際に何とも不思議な経験をしたもので、それについて少しお話...

記事を読む

私の理念

私の理念

私ごとではありますが、先日少しばかり病気を患い入院をしておりました。 気持ちだけはまだ若いつもりなのですが、体は正直で...

記事を読む

飼い猫の臨終

飼い猫の臨終

2週間前のことになりますが…、 4年前から一緒に生活していた猫の小梅ちゃんが亡くなりました…。 ...

記事を読む

ブログのご紹介

ブログのご紹介

現在は非常に多くの「元顕正会員」のブログが存在しております。 それぞれの執筆者の感性に基づいてある意味自由気ままに綴られていま...

記事を読む

国立戒壇論の誤りについて

国立戒壇論の誤りについて

顕正会員さんも名前だけは御存じの「国立戒壇論の誤りについて」を掲載いたします。 顕正会では「悪書Ⅰ」と称されますが、はたしてこ...

記事を読む

逃げまどう顕正会員

逃げまどう顕正会員

「広告文と遥拝勤行で広宣流布はできる。」 この合言葉で全国一斉に駅前での新聞配布を行っているようですが…、 こち...

記事を読む

 

 

 

私たちの「報恩坊」は、顕正会に疑問を抱き脱会された方々が、ノビノビと日蓮正宗の信心が出来るお寺を目指しております。貴方も生命力あふれる活き活きとした日常を取り戻してみませんか?

 

 

 

9月度 報恩坊行事予定

 

8日 19:00 勉強会

9日 10:00 御講 13:30 御開扉

18日~19日 寛師会(花火や相撲などは一般でも観覧可)

25日 18:30 僧俗指導会 (於 総一坊)       

 

上記赤字以外は信徒さん以外でも参加可能です。いちど覗いてみたいという方はご連絡ください。(連絡せずに大石寺に足を踏み入れるのは構いませんが、あちこちで声をかけられて大変に煩わしいです。事前のご連絡を強くお勧めします。)

 

 

顕正会を脱会、そのほか顕正会に関するご質問やお問い合わせはお気軽にメールにてお訊ね下さいませ。