顕正会の遥拝勤行について

顕正会の遥拝勤行について

顕正会では破門されて以降、朝夕の勤行は基本的に大石寺の方向を向いて行う「遥拝勤行」をすすめておりますよね。 その根拠としては弘...

記事を読む

顕正会員の心には仏様は宿らない…。

顕正会員の心には仏様は宿らない…。

「広告文と遥拝勤行で広宣流布できる」というのが最近の顕正会でのスローガンのようですが、そもそも遥拝勤行であろうとなかろうと顕正会員さんの心に...

記事を読む

顕正会主張「不敬の御開扉」を斬る!

顕正会主張「不敬の御開扉」を斬る!

現在顕正会では「安倍政権断末魔特集号」なる奇妙な新聞を精力的に配布しているようですね。 いかにも「私たちは宗教勧誘しているんじ...

記事を読む

身延離山

身延離山

(日興上人の御生涯と富士の正義 32ページ) コメント欄にて質問がありましたので参考資料としてアップします。 ...

記事を読む

SAKURA Ver.2018

SAKURA Ver.2018

今年も桜が満開になりましたね。 この季節になると私はいつも仏界が開く様子を桜の花に重ね合わせてみてしまいます。 ...

記事を読む

心を持たない非情にも十界はある…

心を持たない非情にも十界はある…

前回はバイオリンを例にとって「触れる縁によって引き出される結果は天地ほどにも違ってくる。」ということをお話しいたしました。 そ...

記事を読む

楽器

楽器

前回は渋柿のたとえで煩悩と仏性の関係を考えてみました。 今回はそこから一歩進めて、我々の心の中にはあらゆる可能性が眠っているこ...

記事を読む

渋柿

渋柿

前回は苦しみの根本原因は煩悩にあるということをお話しいたしました。 ただ、煩悩と一口に言ってもその煩悩の性格を正確に(すみませ...

記事を読む

苦しみの原因

苦しみの原因

お嬢さん方は今までの人生で辛かったこととか、苦しかったこととかってありますか? 人間だれしもそういったことは大なり小なり経験し...

記事を読む

茶筒と影絵

茶筒と影絵

以前、顕正会から来た女子大生の女の子たちにお話ししたところ、 「分かった♪」 と大変に喜んでくださったお話をして...

記事を読む

顕正会女子部の女の子たちに伝えたいこと

顕正会女子部の女の子たちに伝えたいこと

一昨日の顕正会女子部の子たちとのお話は本当に感慨深いものがありました。 自分の娘みたいな世代の子たちと真剣勝負で仏法の話を出来...

記事を読む

あっぱれ!顕正会女子部

あっぱれ!顕正会女子部

本日顕正会女子部の子たちとお話しする機会がありました。 年齢は私の息子と同い年だとのこと…。 私には娘もおります...

記事を読む

大聖人お誕生法要

大聖人お誕生法要

宗祖誕生会は、御本仏日蓮大聖人の末法ご出現をお祝い申し上げ、ご報恩のためにご誕生日の二月十六日に奉修される行事です。 末法とい...

記事を読む

日興遺誡置文

日興遺誡置文

私が顕正会員だったころは、「顕正会は大聖人様の御遺命を護り奉った唯一の正しい団体である。」というようなセリフで折伏しておりました。 ...

記事を読む

世界宗教だから国立戒壇はない

世界宗教だから国立戒壇はない

「国教では無いから国立戒壇は無い」に触れましたので、ついでに「世界宗教だから国立戒壇はない」に関して述べてみましょう。 これも...

記事を読む

国教では無いから国立戒壇はない

国教では無いから国立戒壇はない

よく顕正会の試験に出てくる問題、 「国教でないから国立戒壇はない」のたぱかりを破折せよ。 に関して書かせ...

記事を読む

御当職上人も事の戒壇と仰せ給わず

御当職上人も事の戒壇と仰せ給わず

「『正本堂』に就き宗務御当局に糺し訴う」における、第一回正本堂建設委員会に対する浅井さんの会通の部分、「七、御当職上人も事の戒壇と仰...

記事を読む

お数珠はどうしてもつの?

お数珠はどうしてもつの?

さて、今日は勤行や唱題をする時にひつようなお数珠(念珠)についてお話しします。 ①お数珠のはじまり ...

記事を読む

 

 

顕正会版日寛上人本尊は本物とは紙質が相違します。

 

 

顕正会版は現代の製法で作成される紙を使用しています。

 

 

昭和30年代当時の紙を再現するところまでは、さすがの浅井さんでも不可能だったのです。

 

 

ニセ本尊に関するご相談はこちらまで

 

 

 

私たちの「報恩坊」は、顕正会に疑問を抱き脱会された方々が、安心してノビノビと日蓮正宗の信心が出来るお寺を目指しております。

 

 

 

 

どんな些細なことでも構いません。ご質問お問い合わせがありましたら、お気軽にご連絡下さい。

 

 

 

なお、このサイトは顕正会(冨士大石寺顕正会)の間違いを指摘し、大石寺に伝わる本当の大聖人様の仏法をご紹介するものです。

 

 

 

全体像をご覧になりたい方は、サイトマップへどうぞ。

 

 

 

顕正会を脱会、そのほか顕正会に関するご質問やお問い合わせはお気軽にメールフォームにてお訊ね下さいませ。